よく聞かれるんですが、見えるってどういう感じなんですか?と

霊が見えるといっても、その形はさまざまでして、

全然形になってないアメーバ状のものから、

説明不可能な四足の動物風のものから、

人間らしい形をしているけどぼやけててよく解らない

まあ実にいろいろなパターンがあるわけです。

いわゆる守護霊としてついている先祖霊を除けば、

形がはっきりしているものほどタチが悪いという法則がありまして、

顔がばっちりわかる男性の浮遊霊とか、

小さいわりにはしっかりと形のある動物風の霊とかは

だいたい他の誰かに憑いて悪さをする悪霊系になります。

そうでないものはまあ、ホコリとかごみみたいなもんで、

憑いてはいるけど害はないものがほとんどで、

除霊してもすぐまたくっつくので取るだけムダというものが大多数です。

でも、「いくつか憑いてるよ」とか言われるとたいていの人は気にします。

気にするな、といっても気にします。

気にすることでマイナスの波動がでると、ホントにタチワルが寄ってきて

精気を吸い取ったり、イライラの原因になったりします。

といって「何も憑いてないよ」といってもいまいち信用されません。

だいたい、何も憑いてない人なんてまずいないんですから、

しかし、細菌とか微生物レベルのものが憑いてる状態では

祓うとか除霊とかということを気にするだけムダです。

でもやはり気の弱い人は落ちてしまうんですね。。。

 

ご愁傷様。

 

メールはこちらへ
jyoshun@office.so-net.ne.jp

コラムトップへ

TOP