あきらかにいろいろな霊をしょってる人もごく稀にはいます。

一日とかでは取っても取ってもとりきれないんで、

何回にわけて徐々に取り除いていくのですが、

ちょっと見ない間にまた新しくひっつけてたりして、

なんで増えてるん???とめっさ疑問に思うことがあります。

そういうときはたいてい本人の行動に原因があったりします。

繁華街とか低級霊のたまり場にでかけていったり、

あるいは超ネガティブ思考に陥ってそれでもってタチワルを寄せ付けてたり。。。

また、ある程度の除霊が進むと体内に隠れてたやつが顔を出すこともあります。

キリがないといえばそうですが、ここでやめちゃうとまた戻っちゃうんで、

できるだけクリーンな状態にするようにゲロはきながらも対応します。

が、、、、、中には自分とのコネクションが切れるのを恐れて、

ほとんど問題ないのに「まだなんかおかしい」といってくる方もいます。

要はほかの人には話せないようなことをこちらが理解してくれるから、

話し相手になってほしい、みたいな感じですかね。

いやべつにそれは問題ないんですが、問題なのはその方の両親や家族です。

いくら出張しても直らないんじゃなにやっても無駄じゃんと思われると

本人はさらにへこむんです。これも悪循環の一種ですね。

霊障から開放されたいと思うのはいいんですが、周囲にウザがられると治るものもなかなか治りません。

自分なりに努力してそれならいいんですが、あまりに他力本願だといくら取ってもまた・・・・

ちなみにこういうケースは境界例人格障害の方におおいです。

いわゆるボーダーですね。

だれかにかまってもらってないと不安でしょうがない

かといって家族は・・・だからこっちに来るわけですけど。

でもそれじゃあ治るのも遅いし、なかなか治らないもんです。。。

 

ご愁傷様。

 

 

 

メールはこちらへ
jyoshun@office.so-net.ne.jp

コラムトップへ

TOP