以前に日記で「鬱病と霊障は無関係ではない」と

書いたことに対する反響が多かったので、そのあたりをまとめてみました。

掲示板でも書いていますが、ログが流れてしまうので見てない方も多いと思われます。

日本人の7割だか8割だかは程度の差こそあれ、

なんらかの鬱病の症状を持っているといわれます。

まあそれでも全然問題ない人もいますし、自殺してしまう方もいるわけです。

で。

心療内科に通って結構強い薬をもらうような状況になってくると、

たいていの方はなにがしかの霊をつけています。

蛇霊だったり蟲だったりと種類はさまざまですが、

こいつらが原因でウツになったのか、

ウツだからこいつらがついたのかははっきりしません。

ただし、蛇霊のなかには憑いたターゲットをおもっきりへこませてウツにするやつもいますし、

ウツになっている人についてマイナスエネルギーをもらう寄生虫もいるわけです。

そういう状態ですと、除霊したから鬱病が治るわけではなく、

鬱病の薬を飲んだから霊障も消えるというわけではないのです。

こういう場合は鬱病の対策をしながら除霊もしていかないと、

いつまでも抱え込んだままになります。

というわけで、鬱病と霊障は結構密接なつながりがあったりします。

でも心療内科で霊障が・・とかいってもあんまり相手にされないでしょうから、

それはそれで専門の方に相談しましょう。

 

ご愁傷様。

 

 

 

メールはこちらへ
jyoshun@office.so-net.ne.jp

コラムトップへ

TOP