医師の治療を受ける際、同じ症例を専門とする別の医師にも見てもらって、

自分の症状や治療法についての意見をもらう、

いわゆるセカンドオピニオンというのが最近よく行われているようです。

まあ、それ自体は悪いことではないのですが、

霊能の世界でもセカンドオピニオンが流行っているようで、

他のレイノー者(自称)にいわれたことを確認し相談に見える方がかなりいらっしゃいます。

  1. あなたのまわりには100匹も200匹も霊がついている
  2. 先祖の因縁からものすごい数の霊が集まっている
  3. ○○先生に写真を見せたらこういわれた、本当なのか?

という感じなわけですが。

1とか2とかはまあ、典型的なダマシの手口ですから、

「本当でしょうか?」といわれても「そんなわけないでしょ」で済みます。

問題は3のようなケースで、自分と意見が割れた場合、

はたしてどっちを取るか?ということです。

自分としてはあらゆる感覚を使って気配を探り、それに基づいた答えを出しているのですが、

どうもそれが受け入れられない(つまり自分にとって気に入らない)回答だったりすると、

「いや、○○先生はその他のことも言い当てたし、

きっとこの件も間違ってないと思います

おいおいおい。。。。。

・・・・だったら最初からそっちで頼みなさいよと。。。

別に無料だから手ぬいてるわけじゃないですけど、

見える人なら同じもの見てるはずだから、

それが違うということはどっちかが適当なこといってるわけで。

まあ、どっちを信じるかは相談者さんの自由です

 

ご愁傷様。

 

メールはこちらへ
jyoshun@office.so-net.ne.jp

コラムトップへ

TOP