困ったときの神頼み、といいますが、

困ったときだけ神頼みしても神様は助けてくれません。

普段はちゃらんぽらんなことをしておいて、

都合の悪いときだけ助けろというのはムシのいい話です。

別に神様に限った話ではないですけどね。

なにも、毎日神社におまいりして・・とかじゃないですよ。

某学会のように、信心が足りない、題目唱えなさい、とかでもないです。

他をアテにするまえに、自分でできる最大限の努力をしたのかどうか、

神様はちゃんと見ています。

その場しのぎの言い訳なんか通用しません。

慈悲深い仏様にしても、「仏の顔も3度まで」といいます。

神仏に頼る前に、自分の行いを振り返ってみましょう。

今この時点で神仏にすがろうとしているあなたに、その資格があるのかどうか?

胸に手を当てて考えてみましょう。

説教くさくてごめんなさい。

 

ご愁傷様。

 

メールはこちらへ
jyoshun@office.so-net.ne.jp

コラムトップへ

TOP