よく「死んだほうがマシだ」というせりふがあります。

借金苦や病気、人間関係などで、自ら死を選ぶ方もいます。

こんなに苦しいなら、いっそ死んで楽になってしまおう、という考え方です。

でもそれは大きな間違いです。

自殺された方の口寄せほど悲しいものはありません。

自殺された方は、死んでからある程度の期間、

真っ暗な独房のような部屋でずっと一人でいます。

ただひざを抱え、座っているだけです。

ある時期がくるとお迎えがくるのですが、

その行き先はたとえていうなら「地獄」です。

苦しみに耐え切れず、何度も死んでしまうところです。

でも、もう死んで楽になることはできません

自殺された方に会いにいくと、彼らは必ずこういいます。

生きていたほうがどんなにか楽だった

成仏することもできず、転生を待つ間、ただひたすら

死よりも大きな苦しみを背負わされます。

ご愁傷様。

 

メールはこちらへ
jyoshun@office.so-net.ne.jp

コラムトップへ

TOP