よくTVで心霊写真鑑定とかやってますね。

これがまたひどいもんでして、ほとんどというか99.99%がニセモノです。

単なる写り込みとかトリックとか、意図的にではないにしても 偶然できた「心霊写真風」な作品なわけです。

窓の外の雲の形が人の顔に見えるとか、もう全然だめですね。タダの錯覚

どれがどうなのか、もう見た瞬間に解りますから。

そういう写真に、もっともらしい解説つける人がいるわけです。

「これは自殺したオンナの人の霊で、こちらにはその人に誘われた浮遊霊が・・」とかなんとか。

すんごいですね、この想像力。いや妄想か?アンビリーバボーです。

もうね、いい加減にしてくれと何回TV放映中に電話したかわかりません。

これまじめな話です。TV側の担当者なんていったと思います?

バラエティですからまじめに受け取らないでくださいよ

こんなもんですよ、制作側の意図なんて。数字とってナンボなのは確かに認めますけど、だからって

超エエカゲンなレイノー者(自称)とその解説流すってどーよ?

って つっこみは入れましたよ。もちろん馬耳東風です。

所詮TV局なんてそんなもんかと。あえてどこの局とは言いませんがね。

ちなみに、たまーにですが本物がでてくるケースもあります。

確率としてはTBS系列が高いかも?

ただし、レイノー者(自称)も一緒にセットで出てきますので、

多少なりとも霊感のある方は相当ウンザリしながら見るハメになります。

ご愁傷様。

 

メールはこちらへ
jyoshun@office.so-net.ne.jp

コラムトップへ

TOP